Sunday, January 27, 2013

Windows7/8上でAndroidがフルで動く!-"WindowsAndroid"

以前、WindowsやMac OSX上でAndroidアプリを動作させることができる、
BlueStacksについて書きました。
mac OSXでAndroidアプリが動作可能なBlueStacks Beta
windowsでAndroidアプリが動作可能なBlueStacks

しかし今回登場したWindowsAndroidは、Androidがフルで動きます。
ice cream sandwich 4.0.3のようです。


ビデオをみて頂くとわかるのですが、Androidが普通に起動してますよね...

私のノートPCスペックでは動かなかったので、インストールまでの手順をお教えします。
1. 公式サイトに行きます
http://www.socketeq.com
2. ダウンロードをクリックして、名前とemailアドレスを入れてsubmitすると、即ダウンロードURLがメールで送られてきます。
3.そのリンクからダウンロード...は凄く時間がかかるので、
「WindowsAndroid_earlyrelease.exe」でぐぐって、適当なリンクからダウンロードした方がいいです。
(実は手順1, 2要らない...)
4. MS純正MD5チェックツール、FCIVをダウンロード&インストールします。
 http://support.microsoft.com/kb/841290/ja
5. コマンドプロンプトで  「fciv.exe WindowsAndroid_earlyrelease.exe」としてMD5を確認
 MD5がd3ea9d70b2a374d4b5d3f0123ac9f87bならOK
 (公式でない所からダウンロードしたなら、必ずMD5はチェックしましょう)
6. あとはWindowsAndroid_earlyrelease.exeをインストールして起動するだけです。

Playストアアプリがないので、.apkを手動インストールしたいところですが...
.apkの手動インストールが出来るか否か不明です。
今回は実際に使ったレビューができず残念...

Tuesday, January 22, 2013

フレッツ光からホワイトBBに乗り換え


携帯のキャリアをソフトバンクにしたので、
フレッツ光を解約し、ホワイトBBに乗り換えました。

料金的にはこんな感じです
今までのフレッツ光
NTT: 4410
biglobe: 1617
計 6027円

ホワイトBB
NTT: 約2000
ホワイトBB: 約2000
計4000円
プラス、ソフトバンクの携帯電話から月々1480円引き
(家族含む。2年後からは980円引)

経緯
1/5: iPhone契約時
ソフトバンクの人にホワイトBBについて聞くと「まずフレッツ解約してアナログに変えてね。それから申し込んでね」
とのこと。

1/6: NTTに電話
フレッツ光解約と、アナログへの変更の電話。
引き止めに色々言われるけど「ソフトバンクだと携帯電話キャリアの割引があるので」と言うと向こうはあっさりあきらめる。
ここでちょっと面倒だったのが、僕は電話加入権を持っているはずなのだけど、
ひかり電話に移行した際に休眠され、その休眠している状態が確認できませんでした。
いつひかり電話に移行したかも覚えていない...2個前位の家の時??
なので、まあ電話加入権なしのアナログ回線を新規設置することになり、
月額が1750円+250円(加入権が無い分加算される)。
なお、ひかり電話で使っていた番号はもう使えません。
が、家の電話番号が変わって困ることなぞない。のでOK。

実はこれは、フレッツ光の解約だけでもいいかも(アナログの新設不要かも)です。
ホワイトBBには電話なしのプランもあるため(月額全て合わせて3680円)。
しかしこれだと二つデメリットがあって
・電話番号がIP(050-)のみとなり、昔ながらの電話番号がない(東京なら03-ではじまるやつ)
・家の工事が2回になる(フレッツ撤去と、ホワイトBB設置)

工事日はその場で1/10に決まりました。

1/9: ホワイトBB申し込み
インターネットでも申し込めるのですが、不明点があったので電話で。
不明点1
・僕は電話加入権的には持ってないのですが、申し込むのは加入権有りタイプでいいか?
・FONルーターって「もらえる」の?
前者はホワイトBBの書き方が良くないと思うのですが、
http://mb.softbank.jp/mb/price_plan/3G/white_bb/#service-detail
「電話加入権あり」「電話加入権なし」の2つに分かれていて、
僕のように電話加入権はないけど、アナログひいてある人はどっちにしていいのかわからないのです。
(技術的に「あり」タイプなんだろうなとは思っていましたが)
「明日が工事でーす」と伝えたら話がスムーズでした。
FONルータはもらえます。
てか要らないって伝えたのですが、タダだからドーゾとおすすめされました。
ここで注意ですが、ホワイトBBの工事日や電話番号の連絡はiPhoneでSMSで来ます。

1/13: 家族割
iPhone契約時、姉と家族割が組めなかったので再挑戦。
今度は戸籍謄本を持って...
これで、姉の料金も1480円引きとなる。

1/22: ホワイトBB工事&ルーター到着日
ルーターの写真です。(最上部も)

速度は下り5~7M。
フレッツの時でも調子がいいときで下り20M程度だったので十分です。
というか、家にサーバーでも置いてない限り、ADSLで十分なんですよね...
しかしiPhone Sofbank LTEは11M出る...LTE速すぎ。

---update---
計測速度的には落ちましたが、体感速度はフレッツ光より良くなった気がします。
どうもフレッツ光のマンションタイプはちょっと詰まるようなことが頻繁にあったのですが、
ホワイトBBはそれがないためだと思います。
変えてよかったかも。

Saturday, January 12, 2013

UQ WiMAXをお試し

ホワイトBBへの移行中のために家にインターネットがないので、
そういえば試してみたいと思っていたWiMAXをかりることに。
以下サイトで約2週間無料で借りることができます。
http://www.uqwimax.jp/service/trywimax/
中身はこんな感じ。
速度は平均2Mbps。
ウチのマンションはWi-FIが乱立しているので、体感速度は結構遅い。
2.4GHzだけでなくて5GHzが使えればもっといいのになあ...

Wednesday, January 09, 2013

iPhone5用バンパーとかSIMアダプターとか

iPhone5用にバンパーを購入。
パワーサポート フラットバンパーセット for iPhone5(ブラック)PJK-62
iPhone4, iPhone4s用にはAppleからbumperが出ていたのですが、
iPhone5用はアップル純正無しということでこれにしました。
バンパーは普通のケースと比べて、本来の風味を損なわない所がいいと思います。
下のポートはこんな感じになります。
表現しにくいのですが、バンパー分の厚みのおかげで、
iPhoneを平らな所に置いた時に、iPhone自体は面に触れません。
なので、すり傷ある程度を避けられます。

そりゃ、ガチガチのケースを付ければもっと傷に強くなるでしょう。
落下にも強いでしょう。
何事にもトレードオフがあるわけです。
前面、背面用フィルムも付いてきましたが、付ける気しないなあ...
誰か欲しいかた居ます?

また、nanoSIMをmicroSIMやminiSIMに変えるアダプターも購入。
HTC 8SはmicroSIMなので、これがないと。
このSIMアダプタは100円+送料無料なのでお買い得です。
microSIMを通常SIMに変換するアダプタも付いてきますよ。

Sunday, January 06, 2013

Softbank版のiPhone5(スマホタダ割で)

2年近く、日本通信b-mobileのおそーい回線を使って来たわけですが...
さすがに耐えられなくなってきまして。
イオンSIM契約から一年経っていない(違約金が約10000円かかる)のですが、
ソフトバンクのiPhone5に変えました。
iPhone4sでもよかったのですが...まあせっかくなので。

では月額料金の比較から。
今月家の通信をフレッツ光からホワイトBBに乗り換えるつもりで計算します。
イオンSIMは2270円でした。
今回の乗り換えで
ホワイトプラン980円
S!ベーシックパック 315円
パケットし放題フラット4G LTE 5460円
スマホタダ割(iPad mini)  -1200円 (2年間)
スマホBB割 -1480円 (3年目から-980円)
月々割 -2140円 (2年間)
で、計1935円(+通話料)です。
(スマホBB割がない場合は3415円。頑張ってホワイトBBに乗り換えるべき。)
/***update***/
ホワイトBB乗り換え記を書きました
http://nahareport.blogspot.jp/2013/01/bb.html
/********/

スマホタダ割は、ホワイトプラン2年間無料(+ソフバンポイント5280円)
をおすすめされますが、ソフバンポイントは実は使い道が全くありません。
(古いiPhone用のオプションパーツしか交換できない)
ですのでiPad miniにしましょう。
在庫がないので後日受け取りとなりますが...

MNPの人はiPhone5本体から10000円引きのキャンペーンをしていましたので、
iPhone5 41360円+お店のポイント2068円(5%)
iPad mini 16G 26732円(上記ポイントが使える)
です。iPadはポイントが付かないですが、iPhoneには付きますので、うまく支払いましょう。
分割払いは今までしたことがないのでよくわかりません。

ではHTC 8Sと比較してみましょう。
HTC 8Sよりはちょっと長いです。
裏はどちらもマット仕上げですが、HTC 8Sはプラスチック。iPhone 5はアルミ。
HTC 8Sのほうが横幅があり、厚さも厚いです。

Friday, January 04, 2013

mac OSXでAndroidアプリが動作可能なBlueStacks Beta

----update---
BlueStacksがさらによくなったので新たに記事を書きました。
---------------

以前BlueStacks Alpha版for max OSXが出た時、以下のような記事を書きましたが、
その時はアプリのインストールができませんでした。

しかし最近、Beta版が登場したことで、任意のアプリがインストールできるようになりました。
早速インストールしてみましょう。
いつも通りサイトからダウンロード&インストール&起動
起動には時間がかかるので、上部ホーム画面がでるまでしばし待ちます。

先に、終了方法をお伝えしますと上部BlueStacksメニューから終了します。
そうしないとプロセスが残ってしまうので。

ホーム画面右下から設定に行けます。
「Change Language」で日本語を選択出来ます。
ホーム画面の検索機能は微妙です。検索は出来ても、インストールができません。
ホーム画面の「App Store」を選択すると、
3個ストアのアプリが既にインストールされているので、
これらを起動して、普通に探すのがよさそう。
左のGet JarはGoogle Playからインストールできるのだけど、よくリンク切れで死ぬ。
中のAmazon App Storeは重過ぎで固まる。
右の1Mobileは割と使えるが、独自ダウンロードリンクのようだ。
消去法で1Mobileを使うことになります。

非常に謎であるのが、たとえば「トップ25アプリ」にリンクがあるアプリでさえもインストールできないこと。
(ネットワークを確認してね、と出る)


日本語入力については「1Mobile」等のストアで「google japanese input」を検索すると、
Google日本語入力がインストールできます。
あとはホーム画面から設定-キーボード設定の変更でGoogle日本語入力を選択するだけです。

あとタスクキラー系(advanced task killerとか)入れておくのが賢明。
てか、だからAndroidはだめなんだ...

不可は結構あります。CPU100〜400%使っている感じ。
メモリはそんなに使ってないみたいです。
でもたまに真っ暗になって動かなくなることがあります。
(Kindle for Android起動すると確実に逝ってしまいます..)

とはいえ、Androidアプリを気軽に試せる環境として最高だと思います。