Sunday, February 28, 2016

食洗機の引退と、その対策

ここ最近、39度の熱が続いたり、仕事が忙しかったり(まだ忙しい)、土日の予定がぎっしりだったりして全く落ち着かない日々が続いていました。そんな中ちょっとした出来事が。
食洗機用の分岐水栓を外さざるをえない状況になり、食洗機がもう使えなくなってしまったのです。
(去年の5月に買ったばかりなのですが…)

食器洗い乾燥機は非常に便利な家電です。
一方で、設置は分岐水栓をつけないとですし、大きいので場所をとります。
「不便になるなあ…」と思った反面、家の中がちょっとすっきりしました
http://nahareport.blogspot.jp/2012/12/blog-post.html
以前こういうエッセイみたいなエントリを書いたように、
「無くてもいいなら無い方がが幸せ」なのかもしれません。

食器洗いは重い家事であることには変わりは無いので、色々対策をしてみました。
1. 手にやさしい洗剤に変更
とりあえず有名なヤシノミ洗剤にしてみました。洗剤落ちもいいので…
これでも手荒れがひどいようであれば、また変更してみたいと思います。

2. ティッシュ、キッチンペーパーの活用
洗う前に皿を拭いたりして、洗う負荷を下げるようにしました。

3. そもそも洗い物を増やさない
例えばパンとか、お菓子の皿にはペーパーを使うようにしてみました。

しばらくこの運用を続けてみる予定です。
家事はわずらわしいことしかないので、なんとか軽減したいものです。

Tuesday, February 09, 2016

Google Cardboard (カードボード)の楽しい使い方

今更購入した、Google Cardboard。
これ、米国から輸入するしかないと思ってたら普通に日本のamazonでも売ってるんですね...
しかも1000円くらいからなので、段ボールから自作するより安いかと。
レビューで高評価のものを選びました。

最近はVRだ、ARだ、ということで
Oculus Riftとか、サムスンのGear VRとか、project morpheusとか、Holo Lensとかあるわけですが、
どれも数万〜数十万です。
お手軽にVR体験するなら迷わずカードボードなわけです。
AndroidかiPhoneを元々持っていればいいだけですので。

/***おすすめアプリ***/
Googleストリートビュー
https://itunes.apple.com/jp/app/google-sutoritobyu/id904418768?mt=8
断然これです。
ほぼこれのために買ったようなものです。
一生涯かけても世界のすべての場所に行くことはできません。
だからこそこれは仮想体験としてすばらしいです。

Cardboard
https://itunes.apple.com/jp/app/google-cardboard/id987962261?mt=8
これはカードボードのデモ用の位置付けだと思うのですが、
わりかし綺麗な映像です。

...と、この二つくらいしかおすすめできるアプリがない(笑
あとはわりかし発展途上なアプリばかりです。
が、ストリートビューを見るだけでも買う価値はあると思います。
僕の子供もかなり気に入っているようです。

Sunday, February 07, 2016

Citrix ReceiverでiPhoneをワイヤレストラックパッド化する方法

前回記事
http://nahareport.blogspot.jp/2016/02/ipadcitrix-x1-mouse.html
と同じく、iPad/iPhoneからシトリックス社のXenDesktop、またはXenApp環境でWindowsにリモート接続している場合のみの話になってしまうのですが、
実はそのリモート接続しているiPad/iPhone(以下母艦と称す)とは別の、
iPad/iPhone(以下子機と称す)をトラックパッドに変えてしまう機能があります。
そのやり方をご説明。

先に言っておくと、Citrix Receiverアプリにはこの機能には制約があり、
使い方によってはトラックパッド化の恩恵が受けられないと思います。

/***手順***/
まず、前回記事
http://nahareport.blogspot.jp/2016/02/ipadcitrix-x1-mouse.html
にある「Citrix receiverの初期設定」を子機側で行います。

次に子機側のメニューで
設定>詳細>ワイヤレストラックパッド
とすすみます。

母艦側は、Windowsにリモート接続している状況で上記メニューから「ペア」(bluetoothのロゴ)をタップします。
すると、子機側に「iPadを信頼しますか?」と出ますのでOKすると使えるようになります。

/***制約***/
この便利なワイヤレストラックパッド機能、
実は母艦と子機が同じwifiに接続されているときのみ使えます。
つまり、せっかくセルラー通信ができるiPadやiPhoneでどこでも仕事できるようにしていても、
この制約で結局出先では画面タッチせざるをえません。
逆に、Wifi環境でしか使わない方は、Citrix X1 mouseを買わなくてもちょっと便利に使えます。
(「使えない」というのは、上記"子機側の「iPadを信頼しますか?」"
メッセージがいつまでたっても出てこず、ペアリングができないことを指します。)

これなんとか直してほしかったので、
シトリックスのサポートさんに問い合わせてみたのですが、
「ライセンスを実際持っている人しか相手にしません」
ということで、門前払になりました...
App Storeのレビューに書くのはアレなので、こっそり伝えたかったのですが...

iPadでも(一部で)使えるマウスCitrix X1 mouseレビュー

この製品は「iPadで使えるマウス」として紹介されがちなのですが、
あくまで使えるのは一部用途。
iPad/iPhoneからシトリックス社のXenDesktop、またはXenApp環境でWindowsにリモート接続している場合のみです。

で、僕はその環境が使えるのですが、やはりタッチ操作では作業効率がだださがりです。
そこでCitrix X1 mouseを購入して使ってみました。
残念ながら、使っている画面をお見せすることができないのですが、
フツーにマウスとして使えます。
さすがに、普通のPCに接続しているマウスと比較すると、カーソルが反応するまでに少しタイムラグがありますが、まあ全然便利です。
Citrixの環境は、Citrix Receiverというアプリから接続するのですが、
タップ操作が非常に難しいです。
(1)普通のクリック:クリックしたい場所をタップします
(2)ドラッグアンドドロップ、または範囲選択:始点を約1秒タップしてから、スライドさせます。
 少しでも短いと(1)普通のクリックになり、少しでも長いと(3)右クリックになります。難易度高いです。
(3)右クリック:1秒強タップします

ごらんの通り(2)がとても大変なので、この苦労をしなくていいのが嬉しいのと、
普通のマウスのスクロールができるのでとても作業効率が上がります。
また、このマウス、iPad以外では普通のbluetooth 4.0マウスとして動作します。
「まあ最悪(iPad接続環境がなくなったとき)普通のマウスとして使えるし...」というのが今回の購入の後押しになっております。
(画像:ちょっと小ぶりなマウス)

小ネタなのですが、裏の電源ボタンが「ON」側になっている時実際は電源オフになり、
「OFF」側になっているとき実際は電源オンという謎仕様で、最初は故障と思ってあせりました。
(僕がもっているものの個体差なのかもしれないけど)

これからCitrix X1 mouseの使い方を書こうと思いますが、
その前にCitrix Receiverの初期設定を書いておきます。
この初期設定たぶんどこにも書いてないのですが、初期設定をしないとメニューがなにも出てきません。
/***Citrix receiverの初期設定***/
1. インストールします
https://itunes.apple.com/jp/app/citrix-receiver/id363501921?mt=8
2. デモアカウント作成
アプリを起動しこんな感じの画面が出たら、下の「体験デモ」ボタンをタップ。
名前と(受信できる)メールアドレスを入力して「登録」
3. アカウント設定
上記メールアドレスにデモアカウント用のユーザ名、パスワードが送られてくる。
そしたら、Citrix Receiverの上の「アカウントの追加」ボタンをタップ。
以下情報を入力する
アドレス:https://testdrive.cloud.com
ユーザ名、パスワード:メールで送られてきたもの
こうやって登録すると、ようやくメニューが現れる。

/***Citrix X1 mouseの使い方***/
1. iPad/iPhoneとbluetooth接続する
通常の設定アプリ>Bluetoothを開き、
Citrix X1 mouseの電源をオン、裏のConnectボタンを押す(上部LEDが青く点滅)。
するとbluetooth一覧に「Citrix X1 mouse」が現れるので登録。
2. Receiverアプリで設定
Citrix Receiverの設定>Citrix X1 mouse>Citrix X1 mouseをオンにする

こんな(一部の人にとっては)便利な代物なのですが、
普通に個人が購入するのは難しく、amazon買うのがてっとり早いです。
下記にリンクを置きましたが、値段が1000円程度毎日上下していますので、
お安い時に購入下さい。


参照: https://www.citrix.com/content/dam/citrix/en_us/documents/products-solutions/citrix-x1-mouse-datasheet-jp.pdf